2009年02月23日

朝日新聞が四億円の所得隠し


 朝日新聞社が東京国税局の税務調査を受け、出張費の過大計上などにより平成20年3月期までの7年間で約3億9700万円の所得隠しを指摘されたことが 23日、分かった。このうち、京都総局が出張費などとして計上した約1800万円については、カラ出張などによる架空経費と認定された。

 同社が明らかにした。申告漏れ総額は約5億1800万円に上り、重加算税を含む追徴税額は約1億3900万円となる見通し。

 同社は同日、修正申告した上で、当時の複数の京都総局長を停職処分とし、管理責任を問い、東京、大阪、西部、名古屋の各本社編集局長を減給処分にした。

平成21年2月23日17時57分

朝日新聞社、4億円所得隠し=カラ出張で架空経費−元京都総局長、編集局長ら処分
posted by 爲藏 at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。