2010年07月08日

東京ドームでソフトバンク社員一万人が馬鹿騷ぎ


 ソフトバンクの孫正義社長が平成22年7月8日、自身の「ツイッター」に謝罪文を掲載した。社員と共に東京ドームで野球観戦し「はしゃぎ過ぎた」という理由からだ。「ツイッター」にはソフトバンク社員と孫社長を非難するつぶやきが多数出ているが、いったい東京ドームで何が起こったのか。

 問題になった試合は22年7月6日のソフトバンクホークス対日本ハムファイターズ戦。ソフトバンクは今年で創業30周年を迎え、都内でグループ社員を含め約2万人の「社員大会」(決起集会)を開催。その「二次会」として6日、7日のホークス戦に1万人ずつを応援団として投入した。

マナーが悪いと「ツイッター」で社長に直訴

 孫社長は「ツイッター」に、

「一昨日は、創業30周年イベントで東京ドームにて社員と野球観戦。はしゃぎ過ぎファンの皆様に大変御迷惑をおかけしました。反省し、昨日はだいぶ大人しく観戦出来たと思います。本当に申し訳ありませんでした」

と書いた。実は、7月6日の観戦を巡り、「ツイッター」上で孫社長に対し激しい批判が展開されていた。

 そこには、

「居酒屋の大学生より、修学旅行の中学生よりマナーが悪い。試合観ず酒のんで試合進行中も立って騒ぐ周りの迷惑顧みない社員動員」

「プレー中にウェーブ始める、相手側応援団のいる外野スタンドで騒ぎ出す・・・それがあなたの理想とするプロ野球観戦のあるべき姿ですか?」

「社の社員が落としたゴミが沢山。お父さん犬の袋をごみにするなんてね。しかも散らかして」

「孫もオンプレー中に内野指定階段で大名行列しだして撮影会したりとオーナーが一般ファンの観戦の妨害する有様だよ」

などのつぶやきが出ている。

「苦情数件あった」と東京ドーム

 東京ドームに問い合わせてみたところ同社広報は、ソフトバンク関係者が3塁側スタンドで観戦していて、その中に別にチケットを買った一般の観客が混在していた、とし、「立って騒いで観戦しているから試合が見づらい」という苦情が数件入っている、ということだった。

 ソフトバンク広報は、

「非常にお恥ずかしい話しですが、一部の社員がはしゃぎすぎてしまったと聞いております」

とし、迷惑を掛けてしまった人に対し詫びている。

平成22年7月8日午後8時35分

孫正義社長が「はしゃぎ過ぎました」と謝罪 東京ドームで社員大騒ぎ
posted by 爲藏 at 20:35| Comment(0) | 朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。