2006年04月06日

朝鮮総連にペンキ入り卵 やらせか?

朝鮮総連にペンキ入り卵 政治団体代表ら書類送検

 福岡県警公安二課は6日、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)福岡県本部などにペンキ入りの卵を投げたとして、軽犯罪法違反容疑で福岡市博多区の政治団体代表(34)ら4人を書類送検した。

 調べでは、政治団体代表らは昨年5月2日未明、福岡市博多区呉服町の朝鮮総連福岡県本部のほか、近くにある朝銀西信用組合福岡支店に青いペンキの入った卵を23三個ずつ投げ、ドアなどを汚した疑い。

 事件前日に在日米軍が北朝鮮のミサイル発射情報を日本政府に伝えており、代表らは「ニュースを見て何か行動しなければと思った」などと供述しているという。

04/06 23:03
posted by 爲藏 at 23:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日教組がらみですが,「草莽崛起 - PRIDE OF JAPAN」様よりトラックバックさせていただきます.

http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-603.html

2006年12月27日
明らかになった日教組作成の想定問答集の存在

 産経紙26日付けでは、改正教育基本法の成立に向けた議論の中、民主党が与党・政府案に対してどのように反対をしていくのかの裏事情が、わかってきた記事が掲載されていた。

それによると日教組が11月下旬、想定問答集を配布し、質疑での活用を呼びかけていたことが分かったというが、【以下はリンク先をご覧ください】


↓ちなみに産経新聞サイトで“日教組”をキーワードとして検索した結果です.

http://insite.search.goo.ne.jp/sankei/search.php?PT=sankeiweb&from=sankeiweb&IE=sjis&MT=%93%FA%8B%B3%91g&SEL=sankeiweb&web.x=37&web.y=11



http://www.sankei.co.jp/sports/golf/061227/glf061227000.htm

滝浪がスコア改ざん 今秋の日本ツアー予選会

 女子ゴルフの滝浪愛(26)が今秋の日本ツアー予選会で、スコアを改ざんしていたことが27日、分かった。日本女子プロゴルフ協会(LPGA)は28日に臨時理事会を開き、処分を決める。

 関係者によると、滝浪は来季のツアー出場権を争う2次予選会(10月31日−11月2日・茨城県)で、同伴競技者が滝浪のスコアカードに署名した後、スコアを少なく書き直したとして失格となった。同伴競技者の指摘で分かった。LPGAはその後、故意かどうかの調査を続けていた。

 滝浪は東京都板橋区出身。2001年にプロテストに合格したが、ツアー優勝はない。

 男子でもことし、中西雅樹がスコアを改ざんしたことが分かり、5年間の出場停止などの処分を受けた。

(2006/12/27 13:31)

一見スポーツの話題で無関係に見えますが,実は・・・↓

http://www.lpga.or.jp/profile/profile.asp?yyyy=2006&cd=643
Posted by くちべた日本人 at 2006年12月27日 16:21
真の自由が保障されてきたインターネット言論に規制の危機が迫っています!!

【引用元ここから】
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20061226k0000m040135000c.html

発信者情報:同意なしで開示へネット被害で業界が新指針
インターネット上のプライバシー侵害や名誉棄損について総務省と業界団体は、情報を書き込んだ発信者の同意がなくても被害者に発信者の氏名や住所などを開示する方針を固めた。これまでは発信者が開示を拒否すれば、誰が悪質な情報を流したか被害者側には分からず、泣き寝入りするケースが多かった。業界団体は新たなガイドライン(指針)を年明けに作り、来春から導入する。【ネット社会取材班】

02年に施行されたプロバイダー責任制限法はプライバシー侵害など正当な理由があれば、被害者がプロバイダー(接続業者)に対し、書き込みをした発信者の情報開示を求める権利を初めて認めた。しかし、実際の運用では「どのような内容が侵害に当たるか明確な基準がなく、業者側で判断できない」(社団法人テレコムサービス協会)との理由で、発信者の同意が得られなければ事実上、開示できなかった。

このため、業界は総務省とも協力し、同法に基づく自主的な発信者情報開示のためのガイドラインを策定することを決めた。原案によると、他人の氏名や住所、電話番号など個人を特定する情報を掲示板などに勝手に書き込む行為を幅広く「プライバシー侵害」と認定。個人を名指しして病歴や前科を公開することも含まれる。

こうした場合にプロバイダーが被害者からの要請を受け、発信者の同意がなくても、その氏名や住所、電話番号、電子メールアドレスなどを開示できるようにする。

一方、名誉棄損については、プロバイダーによる任意の発信者情報開示をあまり広く認めると「政治家や企業経営者らの不正や問題点の内部告発までネット上からしめ出す懸念もある」(業界団体幹部)と判断。これまでの名誉棄損裁判の判例も踏まえ、公共性や公益性、真実性などが認められない個人への誹謗(ひぼう)や中傷に限って自主的な開示の対象とする。

被害者は裁判で発信者情報の開示を求めることが多かったが、悪質な書き込みをした発信者を早急に特定し、損害賠償請求できる可能性も高くなるとみられる。

業界と総務省は一般からの意見も募集したうえで、早ければ来年2月にも導入する方針。

英文を読む
毎日新聞2006年12月26日3時00分

【引用元ここまで】

Blog「極右評論」様(2006年12月27日付け)より

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/2006-12.html#20061227

>>総務省に抗議を!
>> 総務省への徹底抗議に立ち上がりましょう。

>>ネット規制が始まるのか。
>>ネットの“匿名”潰しが狙いか!

>>「人権擁護法案」の悪夢が再び

「FlighttoFreedom/神の国へ…」様(2006年12月27日付け)より

http://dandyroads.livedoor.biz/archives/50651651.html

>>★ネットの言論統制。
>>≪インターネットの言論弾圧か!?≫
>>〜裏で操っているのはおそらく・・・〜

↑極右評論様のBlogにも書かれていまずが,これは人権擁護法案のインターネット版になりかねません.例えば北朝鮮や総連批判→個人情報開示要求→開示→報復の懸念があり,言論が思うようにできなくなる危険があります.

インターネットまでもが左翼だけの自由の場にされることは断固阻止しなければなりません!!

引用先2Blog様のコメントともども,是非ご覧ください.
Posted by くちべた日本人 at 2006年12月27日 18:46
スレッド開設のお知らせ:インターネット版“人権擁護法”が“施行”される!!(チャンネル桜掲示板内)

http://nf.ch-sakura.jp/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=1722&forum=8

管理人様,皆様
私の参加サイトであるチャンネル桜様の掲示板にスレッドを立てましたので是非お越しください.
新聞Web版や各サイト様からの引用を含めまとめてあります.
この書き込みを行いましたときに目にした管理人様や参加者様のご投稿も引用させていただくこともありますが,急を要する事態のため無断引用の切は平にお許しください.


インターネット版“人権擁護法”が“施行”される!!(チャンネル桜掲示板内)
http://nf.ch-sakura.jp/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=1722&forum=8
Posted by くちべた日本人 at 2006年12月28日 16:48
匿名投稿の長所と短所を簡単に書きますとこうなりましょう.

【長所】
圧力団体など,報復の恐れがある相手についても投稿できる.
拉致問題を例にとれば朝鮮総連や在日でも批判できる.

【短所】
匿名でのいじめ,誹謗中傷.
同じく拉致問題を例にとれば拉致被害者家族の方々への誹謗中傷がされやすい.

ただ,警察や裁判所からプロバイダへ要請があれば発信元を“逆探知”できる.もっともネットカフェなどではお手上げだが.

なおここで一点注意ですが,発信元のIPやホスト情報は個人情報には該当しません
(この点を誤解されている方も多いのですが).

ちなみにネット規制が入るとこの長所短所が逆転しますね.
拉致被害者家族の方々への匿名でのいじめや誹謗中傷はできなくなるが,その一方で圧力団体などへの批判もできなくなる,ということにはなる.

しかし,ネット規制を企てている勢力を見ると,拉致被害者家族の方々への誹謗中傷をそのままにして,総連や在日への批判だけを潰しにかかるのではないか!?という気がしてならない.

拉致被害者家族の方々を誹謗中傷から守り,かつ朝鮮総連や在日を批判できるような法整備こそ必要である

関連して保守系サイトでもこんなご意見の方も↓

本郷竹庵様

発信の責任(上)―2007年01月02日08時05分17秒
http://chikuan.asablo.jp/blog/2007/01/02/1086476

発信の責任(中)―2007年01月03日08時02分58秒
http://chikuan.asablo.jp/blog/2007/01/03/1088738

発信の責任(下)―2007年01月04日08時07分22秒
http://chikuan.asablo.jp/blog/2007/01/04/1091004

【拙スレッド】
インターネット版“人権擁護法”が“施行”される!!
http://nf.ch-sakura.jp/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=1722&forum=8&viewmode=flat&order=DESC&start=0
Posted by くちべた日本人 at 2007年01月05日 00:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16245717
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。