2011年01月17日

生活保護費千百八十万円着服 宿泊所運営NPO


 生活保護受給者を一時的に受け入れる宿泊所を運営するNPO法人東京サポートセンターの理事兼事務局長の男性(46)が数年間にわたり退所者2人の生活保護費計約1180万円を着服していたことが17日明らかになった。

 生活保護費を支給していた八王子市が発表した。市によると事務局長は2人の委任状などを偽造しそれぞれ4年分3年8か月分の生活保護費を受け取ったとみられる。事務局長はセンターの調査に着服を認め昨年11月に解雇された。市の聴取に対し生活費や住宅ローンに使ったと話しているという。市は詐欺罪などでの告訴に向け警視庁と協議している。

 都によると支給は本人への直接の支払いが原則。しかし市は事務局長が受給者から委任状や代理人承諾書をもらい生活保護費を代わりに受け取ることを特例として認めていた。また市は国が指導するケースワーカーによる年2回以上の入所者訪問も長期間怠っていた。

平成二十三年一月十七日午後九時二十五分

生活保護費1180万円着服 宿泊所運営NPO

世界の病巣
露西亞平原 本日モ侵略止マス
支那大陸 本日モ反省ノ色無シ
朝鮮半島 本日モ波高シ
posted by 爲藏 at 21:25| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。