2011年01月28日

テレビ朝日がまたまた捏造報道


 サッカー韓国代表のMF奇誠庸選手のサルまね問題でテレビ朝日が27日の情報番組ワイドスクランブルで奇選手が見た観客席の旭日旗として紹介した写真が別の試合のものだったことが分かり同局は28日同番組で寺崎貴司アナウンサーが訂正し視聴者に謝罪した。

 テレ朝によると27日の同番組では韓国のテレビ局SBSが報じた旭日旗の映像写真をフリップで紹介。しかし写真は昨年6月19日のサッカーW杯南アフリカ大会日本対オランダ戦での観客席の様子だった。同局は内容確認が不十分だったとしている。

 この問題では奇選手は当初サルまねをしたことについて観客席の旭日旗を見て胸中で涙が流れたなどとツイッターで説明していた。

平成二十三年一月二十八日午後二時三十三分

テレ朝報じたサルまね旭日旗 W杯時の映像だった

世界の病巣
露西亞平原 本日モ侵略止マス
支那大陸 本日モ反省ノ色無シ
朝鮮半島 本日モ波高シ
posted by 爲藏 at 14:33| Comment(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。