2010年03月11日

在日朝鮮人 戦時徴用わずか二百四十五人


 戦時中の徴用令によって日本に渡航し昭和34年の時点で日本に残っていた朝鮮人は当時登録されていた在日朝鮮人約61万人のうちわずか245人だったことが10日分かった。自民党の高市早苗元沖縄北方担当相の資料請求に対し外務省が明らかにした。

 資料は34年7月11日付で245人について「みな自分の自由意思によって日本に留った者または日本生まれだ。日本政府が本人の意志に反して日本に留めているような朝鮮人は犯罪者を除き一名もいない」と結論付けている。

 永住外国人に地方参政権(選挙権)を付与する法案の推進派は在日韓国朝鮮人が自分の意思に反し日本に住んでいることを理由の1つとして挙げてきた。

平成二十二年三月十一日午前七時二十九分

在日朝鮮人 戦時徴用わずか二百四十五人

世界の病巣
露西亞平原 本日モ侵略止マス
支那大陸 本日モ反省ノ色無シ
朝鮮半島 本日モ波高シ
posted by 爲藏 at 07:29| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。