2008年01月19日

NHKインサイダー、閲覧制限時に既に株式購入


 NHK記者らのインサイダー取引問題で、ニュース原稿の閲覧が制限されている間も、誰でも報道情報端末でタイトルを見られることが18日、分かった。3人のうち1人は、閲覧制限が解除される前から複数回注文していたことも判明。こうしたシステムの“盲点”をついて情報を入手した可能性もあり、NHKの情報管理の甘さが問われそうだ。

 3人は情報公開前に1000〜3000株を購入、翌日売却して10万〜40万円の利益を得たとみられ、証券取引等監視委員会は、行政処分(課徴金納付命令)を出すよう金融庁に勧告することを視野に、調査を進めている。

 NHKによると、記者らが外食産業「ゼンショー」(東京都港区)と回転ずしチェーン「カッパ・クリエイト」(さいたま市、いずれも東証1部)の資本提携情報を得たとみられる報道情報端末は、ニュース原稿と扱う順番を画面に表示するシステム。地方から海外にいたるまで約1000台が配置され、5000人が閲覧できる。

 ただし、特ダネは一般のニュースと区別し、閲覧を制限。「デスクなど一部の人間しか見られない仕組みになっている」という。関係者によると、4けたの暗証番号で閲覧を制限。番号はその都度、担当記者や経済部など出稿部のデスクが任意で決めるため、現場に携わるごく一部の者しか原稿内容を見られない仕組みになっている。

 閲覧が制限されていても、限られた文字数で簡単な内容を示すタイトルが表示され、誰でも見られるため、事情に詳しい者ならある程度内容を知ることができるという。今回の特ダネは約2時間前に入稿されていた。

 NHK広報部は「特ダネについては通常、内容が分からないよう、あいまいなタイトルをつける」としているが、今回のケースでどのようなタイトルがついていたかは調査を続けている。

 一方、関係者によると、記者らは1〜5年の株取引の経験があり、1回に500万円程度の売買をすることもあった。今回のカッパ社株の購入の際、3人のうち2人は勤務中に職場を離れて自宅に戻り、注文を出していた。また1人は勤務中に携帯電話から注文していた。いずれも本人名義の取引口座を使っていた。

 カッパ社株をめぐっては、記者らと同じように公開前の情報を入手して4000株を購入して利益を上げた会社役員が昨年11月、金融庁から44万円の課徴金納付命令を受けている。

20/01/19 01:04

NHKインサイダー、閲覧制限時に既に株式購入
posted by 爲藏 at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

NHKインサイダー、特ダネ報道前に不自然な値動き 証取委が調査


 NHK記者らのインサイダー取引問題は、NHKのニュース報道とゼンショーとカッパ・クリエイトの資本提携公表前に、カッパ社の株価が上昇傾向にあるなど、値動きに不審な点があったことから、証券取引等監視委員会が取引状況の調査を開始。売買した投資家の特定作業の中で、3人を割り出していた。

 ゼンショーとカッパ社の資本提携は昨年3月8日午後3時15分に、東証のホームページで公表。NHKは同日午後3時のニュース番組で特ダネとして報道した。

 カッパ社の株は、NHKがニュースを流す前から取引が活発になり、株価が値上がりする動きがあった。

 証取委は資本提携など株価に影響する重要な事実がある場合、公表前の株価の動きに不審な点がないかどうか監視するとともに、取引した投資家の確認作業をしているという。

20/01/18 19:50

NHKインサイダー、特ダネ報道前に不自然な値動き 証取委が調査
posted by 爲藏 at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インサイダー取引疑惑 総務相、NHKに職員五千人調査を要請


 増田寛也総務相は18日夜、NHK職員3人による株のインサイダー取引疑惑の説明のため総務省に訪れた橋本元一NHK会長に対し、同じような疑惑がないか放送前に記事内容を把握できる立場にいた約5000人の職員の調査を要請した。NHKを所管する総務省が、職員の株取引内容の照会を行うのは異例で、NHKに対し厳格な内部調査を行うよう促した。

 会談では増田氏は「早急にスピード感を持って調査にあたり、早くNHKの信頼を回復してほしい」と要請。これに対し橋本氏は「(報道情報端末のコンピューターに接触できた5000人を)調査していきたい」と述べ、今月21日までに対象職員の調査を完了させる考えを示した。

 NHKへの調査要請は増田氏が同日午前の閣議後の記者会見で表明していた。この中で増田氏は問題の株取引について「ほかにも行っている人がいるのではないか。倫理観が要求される人たちがかかわり、大変深刻だ。5000人全員をきちんと調べた方が国民はすっきりする」と述べ、迅速なNHKの内部調査と総務省への報告を求めた。

 また、増田氏はNHKで過去に職員による番組制作費流用事件が発覚するなど不祥事が続発していることから、「会長以下全員がコンプライアンス(法令順守)の確立に一体となって取り組んできたと聞いているが、本当だったのか」と不快感も示した。

20/01/18 19:34

インサイダー取引疑惑 総務相、NHKに職員5000人調査を要請
posted by 爲藏 at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHK記者インサイダー、早い段階から情報漏洩か


 NHKの報道局記者らによるインサイダー取引疑惑で、証券取引等監視委員会の調査を受けた3人のうち1人が、外食産業の業務提携に関するニュース原稿が局内で広く閲覧可能となった時刻よりも早い時間帯から複数回にわたり回転ずしチェーン株の買い注文を出していたことが18日、関係者の話で分かった。

 この職員はインサイダー疑惑を認めている。監視委は、原稿が閲覧可能となる以前にも何らかの情報漏れがあった可能性もあるとみてNHKの内部態勢について確認を進める。

 また、3人のうち2人は勤務時間中にもかかわらず勤務先から自宅へ戻り、買い注文を出していたことも判明。残る1人も勤務中に携帯電話のサイトを通じて買い注文を出していた。

 勤務中に職場を離れるなどして総額約170万−500万円にも及ぶ株取引をしており、社会人としてモラルを欠いているとの批判も呼びそうだ。

 NHKによると、3人は報道局テレビニュース部制作記者(33)=平成8年入局、岐阜 送局記者(30)=15年入局、水戸放送局ディレクター(40)=4年入局=で、それぞれ1−5年の株取引の経験があり、いずれも本人名義の取引口座を使用していた。

 NHKは昨年3月8日午後3時のニュースで、外食産業の資本提携を特ダネとして放送。ニュースは午後2時38分には内部の端末で広く閲覧可能となっていた。3人はこのニュース原稿を読み、当事者の回転ずしチェーン「カッパ・クリエイト」の株を株購入した疑いが持たれており、「ばかなことをした」「魔が差した」などと話しているという。

20/01/18 18:24

NHK記者インサイダー、早い段階から情報漏えいか
posted by 爲藏 at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「偶然」強調も…NHKインサイダーは氷山の一角


 記者ら3人がインサイダー取引に関与した疑いが強まり、NHKが窮地に立たされている。記者らは報道局(東京)、岐阜、水戸の各放送局に所属し、それぞれ放送前の特ダネ原稿を見た直後に株を購入し、10万−40万円の利益を得ていた。3人が職場を共にしたことはなく、NHKは「偶然」を強調するが、端末は全国に1000台以上配備され、閲覧可能な職員は5000人超。「氷山の一角では?」という声が早くも出始めている。

 「そういう疑念は考え方としては、自然な考え方だ。実際の状況は調査しないと言えない」

 17日に行われた緊急会見で、ほかの記者への波及を聞かれた担当理事は、不快感をあらわにしていた。

 インサイダーを認めた2人は、NHKの内部調査に「魔が差した」という趣旨の話をしているという。

 問題の記者は報道局テレビニュース部制作記者(33)、岐阜放送局放送部記者(30)、水戸放送局放送部ディレクター(40)の3人。いずれも男性で、現在は報道の現場から外され、証券取引等監視委員会(SEC)の調査を受けるため、自宅待機となっている。

 それぞれ1−4年の株取引経験を持ち、2人はインサイダー疑惑を認めているが、1人は否定しているという。

 記者らが株を購入したのは、平成19年3月8日。同日午後3時に放送した「外食産業のゼンショーが回転寿寿司チェーンのカッパ・クリエイトをグループ化」のニュースに関連して、同局内の汎用原稿となった午後2時38分に情報を入手。後場が閉まる午後3時までの間に、2人は自宅に戻りPCで同社株を発注、1人は職場から携帯電話で発注したという。当時の株価から推定すると3人の購入額は160万−500万円。高値が付いた翌日中に、売り抜けていた。

 NHKのシステムでは、記者が送った原稿は記者本人とデスクしかアクセスできないが、映像編集やアナウンサーの下読みに備え「汎用化」の手続きが行われると、全国の端末で一斉に解禁される。問題の原稿が汎用化されたのは、放送22分前の午後2時38分。原稿にはスクープを示す「独自」の表記があり、特ダネは、閲覧者の誰もが分かるという。

 NHKはかつて、人気番組「週刊こどもニュース」の中で、村上世彰被告のインサイダー取引を取り上げ、全国の少年少女に、その違法性を次のように説いていた。

 「会社の内部の人しか知らない、大事な情報を知って株の取引をするということです。たとえば、『新しい製品をこんど発売します。発表すると人気が出て株は値上がりしますよ』なんていう情報を聞いたとします。まだ誰も知らない情報です。いま株を買っておけば必ず儲かりそうですね。でもこれは法律違反です。一般の人は聞けない情報を自分だけが知って株を買うのは不公平ですよね」

 NHKでは経済部記者とその家族を除いて、株取引を禁止する規定はなく、一連の不祥事後に策定された倫理規定でも「取材で得た情報を自己の利益のために利用してはならない」と規定するにとどまっている。

20/01/18 15:34

「偶然」強調も…NHKインサイダーは氷山の一角
posted by 爲藏 at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHKインサイダー問題 社内閲覧前に情報漏洩か


 NHKの報道局記者らによるインサイダー取引疑惑で、証券取引等監視委員会の調査を受けた3人のうち1人が、外食産業の業務提携に関するニュース原稿が社内で広く閲覧可能となった時刻よりも早い時間帯から複数回にわたり回転ずしチェーン株の買い注文を出していたことが18日、関係者の話で分かった。

 この職員はインサイダー疑惑を認めている。監視委は、原稿が閲覧可能となる以前にも何らかの情報漏れがあった可能性もあるとみてNHKの内部態勢について確認を進める。

20/01/18 13:00

NHKインサイダー問題 社内閲覧前に情報漏洩か
posted by 爲藏 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仕事抜け出し自宅で注文 NHK記者インサイダー取引


 NHKの報道局記者らによるインサイダー取引疑惑で、証券取引等監視委員会の調査を受けた3人うち2人が、勤務時間中にもかかわらず勤務先から自宅へ戻り、パソコンから回転ずしチェーンの株の買い注文を出していたことがNHKの内部調査で分かった。

 監視委は上司や同僚らに気付かれないように自宅に戻った可能性もあるとみている。

 残る1人も勤務中に携帯電話のサイトを通じて買い注文を出していた。勤務時間中に職場を離れるなどして総額約170万−500万円に及ぶ株取引をしており、社会人としてモラルが著しく欠けていると批判を呼びそうだ。

 NHKによると、3人は報道局テレビニュース部制作記者(33)、岐阜放送局記者(30)、水戸放送局ディレクター(40)で、それぞれ1−5年の株取引の経験があるという。

 昨年3月8日午後3時のニュースで報道した外食産業の資本提携のニュース原稿を放送前に読み、当事者の回転ずしチェーン「カッパ・クリエイト」の株を1000−3000株購入していた疑いが持たれている。

 監視委は他社の銘柄でも、NHK内部で知った情報をもとに取引をしていなかったか調査する。

 カッパ社の株価が資本提携が公表される直前に上昇するなど不自然な動きを見せており、監視委はNHK内部からインサイダー取引につながるような情報漏洩がなかったか確認を進める。

20/01/18 08:41

仕事抜け出し自宅で注文 NHK記者インサイダー取引
posted by 爲藏 at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

「株買わないのは報道機関の常識」NHKインサイダー会見(2)


 NHK記者ら3人のインサイダー疑惑。会見は続いた。
               ◇
 −−20分が早いのなら、通常は何分ぐらい「汎用化」は前なのか
 「ニュースを読む瞬間でもいい。必ずしも最終的な調査は行き届いていないので、こういう場合は紙ベースで連絡しあうのが一般的。今回のケースはまだ調査中だ」

 −−3人は別々の場所。ほかにもやっている人はいるのではないか
 「そういう疑念は、考え方として自然な考え方。実際の状況は調査しないといえない。ただ、今回の場合は(汎用化する)時間が早すぎた」

 −−汎用化が早すぎても、株は買わないのが報道現場の常識だ。NHKはさんざん、これまでにコンプライアンス強化を言ってきた。昨年6月には、わいせつ事件続出を受けて全局員への面接までもした。わいせつは個人犯罪が考えられなくもないが、今回の事態、NHKの業務にスキがあったと思えてしまう。橋本会長もあと1週間しか任期がないが、責任の取り方をどう考えるか
 「基本的に倫理観に欠けた行為。大変残念、遺憾に思う。そういうことの起こらない、いわゆる仕事の流れの中でのすき間を埋めること、改めて組織に対して警報を発しないといけない。われわれを含めた役職員全員を含めた処分のあり方を厳しく考えたい」
 「コンプライアンス、十分できていなかったことは、システムがどうであろうとやんなきゃいけなかった。反省している。倫理観、意識を植え付けることと、再発防止について、一定の規制を考えたい」

 「本来は、経済部は家族を含めて株取引はしない。自発的な意思による制限がかかっている。それぞれの職員が意識をまず自覚しなければいけない。具体的なガイドラインも、これからの対策で考えたい」
 「経済部の取材部門は、必死になって戦っている。そういうことをやっている一方で、個人の利益のためにやっている者がいる。本当に驚いた。しっかりやっているグループのモチベーションを下げるわけにはいかない。士気が落ちないように激励したい」

 −−橋本会長、1週間早めて退任することはないのか
 「これはこれで、しっかり後始末をやっていきたい」

 −−監視委員会の調査は本日もか
 「続いている。いつまでかは分からない」

 −−3人がカッパ社の株を買った。お互いに連絡していないということだが、一緒に仕事をしたことは
 「特別、同じ職場はないと聞いている。個人的なつながりは不明だ」

 −−NHKの調査段階では、情報を共有した形跡はない、と
 「今のところ、そういう話はない」

 −−3人の株取引の経験は
 「3人ともあったと言っている。3人とも過去にインサイダーまがいの取引はないと言っている」

20/01/17 21:04

「株買わないのは報道機関の常識」NHKインサイダー会見(2)
posted by 爲藏 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHK記者三人、インサイダー取り引きの疑い


 NHKの報道局記者ら3人が株式のインサイダー取引で不当に利益を得ていた疑いがあることが17日、分かった。

 NHKは同日午後3時からの記者会見で、報道局テレビニュース部制作記者ら3人が、外食産業のグループ化のニュースに関連し、株のインサイダー取引の疑いで証券取引等監視委員会の任意調査を受けたことを明らかにした。

 NHKによると、3人は報道局テレビニュース部制作記者(33)、岐阜放送局放送部記者(30)、水戸放送局放送部ディレクター(40)。3人は昨年3月8日放送した、外食産業「ゼンショー」が回転寿司チェーン「カッパ・クリエイト」をグループ化するとのニュースをめぐり、株取引をしたという。

 NHKの調査に対し、3人は放送当日、カッパ株を1000〜3000株程度買い、翌日売って10万〜40万円程度の利益を得たと話している。

 調査対象者のうち2人は、ニュース原稿システムの端末を利用し、放送直前に外食産業のグループ化の情報を知って株取引をしたと認めているという。

 証券取引等監視委員会は16日にNHKに立ち入り調査に入り、NHKも調査委員会を設置して、3人から事情を聴いている。

 NHKの橋本元一会長は同日、「報道に携わる者が情報を悪用したことは許されない行為。視聴者に深くおわびし、厳正に対処したい」とのコメントを発表した。

20/01/17 15:38

NHK記者3人、インサイダー取り引きの疑い
posted by 爲藏 at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

「女性セブン記事に誤り」宮内庁が抗議


 宮内庁は27日、週刊誌「女性セブン」の記事に誤りがあったとして、出版元の小学館に抗議文を提出したうえで、同庁のホームページ(HP)上で反論した。

 記事は「美智子さま 皇太子ご夫妻お呼び出し 12月1日の重大宣告」というもの。敬宮愛子さまのお誕生日だった12月1日、皇居・御所を訪れた皇太子ご夫妻に対し、皇后さまが天皇陛下の公務を分担するよう提案された、との内容。

 同庁は「両陛下、皇太子ご夫妻に確認した」としたうえで、HPで「皇太子同妃両殿下が別室に呼ばれ、皇后陛下から公務に関するお話を受けたことはない」と記事の内容を否定している。

 同庁は27日からHPに「皇室関連報道に対する宮内庁の見解」という項目を増加。「必要に応じ宮内庁として、正確な事実関係を指摘することといたしました」と説明している。

19-12-28 08:29

宮内庁「女性セブン記事に誤り」とHPで抗議
posted by 爲藏 at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

中日新聞記者が埼京線で痴漢「ネットに出来ると書いてあった」


 女子高生に痴漢をしたとして警視庁池袋署は東京都迷惑防止条例違反の現行犯で、中日新聞東京本社写真部記者、山根勉容疑者(28)=埼玉県川口市金山町=を逮捕した。

 調べによると、山根容疑者は11日午後7時ごろ、新宿ー池袋間を走行中のJR埼京線の車中で、近くに立っていた女子高生(17)の尻を触った。特別警戒中だった警視庁鉄道警察隊員が犯行を見つけて、池袋駅で取り押さえた。

 山根容疑者は帰宅途中だったとみられている。調べに「インターネットで埼京線なら痴漢ができると書いてあった」などと供述しており、同署は計画性の有無も調べる。

 河津市三・中日新聞東京本社編集局次長の話 「事実関係を確認中だが、犯行が事実なら厳正に対処したい」

19/12/12 12:49

「埼京線なら痴漢ができる…」中日新聞カメラマン女子高生触る
posted by 爲藏 at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

反日英字新聞 ジャパンタイムズ

英字新聞の変身

 『ジャパンタイムズ』が、条約改正を悲願としていた日本への偏見・誤解を解くことを狙って、政財界肝煎りの支援で創刊されたのは明治三十年のことであったが、主たる読者であるはずの外国人の評価はあまり芳しいものではなかった。日露戦争後になっても五千部しか売れなかった同紙が存続できたのは、外務省の支援があったからである。戦時中には日本の立場を対外宣伝するためのメディアとして重視され、海外でも売れ行きが増した。昭和十八年に『ニッポンタイムズ』と改題したのは、「ジャパン」が敵性語と見なされたためであるが、その際の社告を見ると、「大東亜共栄圏で最も影響力のある代表格の外国語新聞」であると白賛している。

 軍国政府の最有力な英字紙として軍部のプロパガンダを担った同紙は、敗戦によって皮肉にも史上空前の部数増加を見た。日本語の読めない進駐軍やその家族、それに外国の記者までが、東京で唯一の英字紙に情報を求めたためである。もちろん、短期間のあいだに同紙の性格は一変していた。九月十五日には同紙への事前検閲がすでに始まっていた。十月八日に始まった他紙の検閲に先んじていたのは、英文の検閲が容易なためであった。すべての記事を事前に検閲に出せという命令に従わなかったため、九月二十日に発禁処分を食らっている(『GHQ日本占領史』第十七巻、日本図書センター)。その後の同紙は、アメリカ生れの二世やアメリカ生活の長い日本人が幹部となり、日本政府から財政的にも自立して、読者の過半を占める占領軍関係者に歓迎される新聞としての道を歩むこととなる。

 同紙はGHQからの情報提供を歓迎し、GHQの資料でも「占領軍のショウウィンドウ″」であると評価されるようになった。日本の「民主化」を意図した編集活動がそのなかに含まれていたことはもちろんである。GHQの覚えがめでたい同紙は、用紙割り当てでも格別の優遇措置を受けていた。他の新聞が二頁しか出せないときに、毎日四頁に加え、週一回は八頁のタブロイド判を出し、アメリカの漫画を掲載している。GHQは同紙についてこんな評価をしている。

「一九四〇年から降伏まで、『ニッポンタイムズ』は外務省の紛れも無い代弁者で、同紙を道具に使って、国際関係における日本の立場を伝える好都合なプロパガンダが外国に向けてなされた。終戦とともに同紙は、自主的な編集方針をとれるようになった。……同紙は異常なほど大きなスペースを占領当局の方針や政策の解釈にあて、それへの終始変わらぬ称賛を示している」云々。

 占領軍の政策に対する忠実な犬となった同紙は、他紙のように戦争責任を問われることもなかった。かつて日本政府によって支えられた同紙は、いまや新たな占領政府によって、三万部もの一括購入をはじめ、手厚い保護と奨励を受ける身となり、広告収入も激増して我が世の春を謳歌できるようになった。昭和三十一年同紙は、紙名を昔の『ジャパンタイムズ』に戻している。

岡本幸治「骨抜きにされた日本人」検閲、自虐、そして迎合の戦後史

平成十四年一月二十一日
PHP研究所
ISBN 4-569-61938-X
posted by 爲藏 at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

毎日新聞が誤報 信州大「セクハラ」報道


 女子大生に性的関係を強要し、諭旨解雇されたとの報道で名誉を傷つけられたとして、信州大教育学部(長野市)の元准教授が毎日新聞社に慰謝料1100万円などを求めた訴訟は7日、長野地裁(近藤ルミ子裁判長)で、毎日新聞社側が記事に誤りがあったことを認め謝罪記事を掲載、訴訟費用の一部50万円を支払うことで和解が成立した。

 問題の記事は6月21日付朝刊で「准教授がセクハラ 院生妊娠させ諭旨解雇 信州大」との見出しで報じ、処分理由として「性的関係を強要した」ことを挙げた。

 謝罪記事は「処分理由に『性的関係の強要』は含まれていなかった」などとして誤りを認め、訂正する内容。8日付朝刊とインターネットのサイトに掲載した。

 毎日新聞東京本社の広田勝己地方部長は「記事の一部に不適切なところがあり、裁判所の和解勧告に応じた」とコメントした。

19-12-08 08:26

毎日新聞が謝罪記事掲載へ 「セクハラ」報道の信州大元准教授と和解
posted by 爲藏 at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マック調理日改竄問題、テレ朝が証言者偽装


 テレビ朝日は7日、日本マクドナルドの調理日改竄問題について、11月27日放送の「報道ステーション」に証言者として登場した女性に、当時すでに店をやめていたにもかかわらず、マクドナルドの制服を着せて、店長代理のバッジを着けて出演させていたことを明らかにした。同社は「証言者に無理強いしたわけではない。相談してそういう形がいいでしょうと決めた。証言そのものは改竄を裏付ける真実だととらえているが、視聴者に誤解を与えるものだった」としている。

 この女性は、顔を隠したうえで赤白ストライプの制服姿で元店長代理として登場し、サラダの調理日に改竄があったという内容の証言をしていた。しかし、放送直後から、インターネットなどで「元店長代理がバイトの制服を着ているのはおかしい」「モデルチェンジ前のユニホームでは」などと疑問視する声が出ていた。同社にも視聴者から、おかしいと指摘があったという。

 7日夜放送の報道ステーションでは、古舘伊知郎キャスターが「すみません。店長代理という女性の話を紹介しましたが、当時は辞めており、制服を着せてインタビューを撮りました」と説明した。

 マクドナルドの改竄問題は、都内の4店舗で売れ残ったサラダの調理日時のシールを翌日のものに貼り替えていたことなどが判明。同社の原田泳幸会長兼CEOが記者会見して謝罪した。その後、材料に賞味期限切れのものが使われていたことなどもわかった。

19-12-08 00:34

マック調理日改竄問題、テレ朝が証言者偽装
posted by 爲藏 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月06日

毎日新聞の校閲記者が痴漢


 毎日新聞大阪本社の男性校閲記者(43)が、ライブ会場で女性の体を触ったとして大阪府迷惑防止条例違反(痴漢)の現行犯で大阪府警に逮捕されていたことが6日、分かった。記者は同日、釈放された。

 調べでは、記者は4日夜、大阪市内のライブ会場で人気バンドが演奏中、前に立っていた客の大学生の女性(20)に体を密着させ、服をまくって脇腹を触った疑い。

 女性は肩に手を掛けられたりもしたため嫌がって振りほどき、記者を取り押さえて駆け付けた警察官に引き渡した。記者は当初「知らない」と否認。その後、容疑を認めたため釈放された。「ストレスがたまっていた」と話しているという。

 毎日新聞大阪本社代表室は「誠に遺憾です。今後の捜査を見守り、厳正に処分します」とコメントした。

19/12/06 22:26

毎日新聞の校閲記者が痴漢「ストレスたまってた」
posted by 爲藏 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

NHKエンタープライズ、秋篠宮ご夫妻の日程をネットに流出


 NHKの子会社「NHKエンタープライズ」(三枝武社長)は15日、同社が文化庁から業務委託を受けた「第5回国際文化フォーラム」の資料がインターネット上に流出したと発表した。

 資料の中には、10日に奈良市で行われた開会式での秋篠宮ご夫妻の行動日程も含まれていた。

 流出したのは、ご夫妻の行動日程や、会場の見取り図、座談会の運営マニュアルの原稿など。同社によると、流出元はイベントの男性契約スタッフ(37)が個人的に借りていたサーバーで、データ保護ロックの掛け方が不十分だったため、外部から閲覧可能になり、11月5日からはインターネットの検索サイトからも見られる状態になっていた。

19年11月16日 読売新聞

秋篠宮ご夫妻の日程、ネット流出…NHKエンタープライズ
posted by 爲藏 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

女性宅に汚物まき…ジャーナリスト「若宮清」容疑者を逮捕


 北朝鮮による日本人拉致事件をめぐり、日朝非公式折衝で北朝鮮側とのパイプ役となっていたフリージャーナリスト、若宮清容疑者(61)が警視庁世田谷署に住居侵入容疑で逮捕されていたことが1日、分かった。

 調べでは、若宮容疑者は7月20日午前5時ごろ、世田谷区内の女性(30)のマンションに無断で立ち入った疑い。その際、玄関や郵便受けに汚物をまいたという。

 女性からの被害届を受け、同署が9月25日に逮捕した。若宮容疑者は女性に交際を申し込んで断られており、ストーカー行為の疑いもあるとみて調べている。

 若宮容疑者は調べに黙秘しているという。

 若宮容疑者は銀行の会長秘書などを経てジャーナリストになった。マニラ空港で暗殺されたフィリピンの元上院議員、ベニグノ・アキノ氏や韓国の金泳三元大統領らと親交を結ぶなどの人脈を持つ。平成5年に日本新党(当時)から、8年に民主党から衆院選に立候補し、いずれも落選した。

19.10.1 14:18

女性宅に汚物まき…ジャーナリスト「若宮清」容疑者を逮捕
posted by 爲藏 at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

毎日新聞の元論説委員が飲酒事故


 元毎日新聞論説委員で千葉県四街道市の田中良太市議(64)が今月6日に酒を飲んで乗用車を運転し、電柱に衝突する事故を起こしていたことが21日、分かった。四街道署は道交法違反(酒気帯び運転)容疑で近く書類送検する方針。

 調べによると、田中市議は6日午後10時ごろ、四街道市山梨の市道で乗用車を運転して電柱に衝突した。徒歩で帰宅後に同署に通報し、署員が呼気を調べたところ、1リットル中0・15ミリグラム以上のアルコールが検出されたという。

 田中市議は毎日新聞の学芸部長を経て政治部記者、平成7年に論説委員を務め、8年に退社した。市議会では無所属で現在1期目。「体調不良」を理由に開会中の市議会を欠席している。

19/09/21 11:54

元毎日論説委員の市議が飲酒事故、近く書類送検へ
posted by 爲藏 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

日刊スポーツがサンケイスポーツの記事を無断でコピペ


 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト「ニッカンスポーツ・コム」が、産経新聞僚紙サンケイスポーツのニュースサイト「サンスポ・コム」に掲載された記事を無断で転載していたことが6日、わかった。

 アラブ首長国連邦のドバイで調整中のサッカーU22日本代表を取材中の産経新聞大阪本社運動部記者が執筆した記事を5日朝、サンスポ・コムが掲載したところ、数時間後、まったく同じ記事がニッカンスポーツ・コムに掲載された。サンスポ・コムの指摘に対し、同社の責任者が6日、事実を認め、謝罪した。

 関係者によると、掲載記事を通信社の配信原稿と思い、そのまま転用したという。

 日刊スポーツ・山田健一電子メディア局長の話「あってはならない重大なミスと受け止めています。産経新聞社、産経デジタル各位に深くおわびいたすとともに、早急に再発防止策を講じます」

(19/09/06 19:54)

日刊スポーツが謝罪 「サンスポ・コム」無断転載
posted by 爲藏 at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

朝日新聞配達員が高知新聞盗む


 高知署は24日、高知新聞1部を盗んだとして、窃盗の現行犯で高知市十津、朝日新聞配達員、尾崎泰造容疑者(39)を逮捕した。「家族に見せる折り込みチラシが欲しかった」と供述しているという。

 調べによると、尾崎容疑者は24日午前4時半ごろ、高知市高須のマンションに朝日新聞を配達した後、玄関前に置いてあった配達前の高知新聞の束から、1部を抜き取った疑い。

 高知新聞の販売所から22日、「今年3月の末ごろから、計約80部の新聞が抜き取られている」と相談を受けた捜査員が張り込んでいた。

 尾崎容疑者は平成17年4月から朝日新聞の配達員をしていた。

 朝日新聞大阪本社販売局は「取引先である新聞販売所のアルバイト従業員が、このような容疑で逮捕されたことを遺憾に思う」と話している。

(19/08/24 12:32)

「チラシ欲しかった」朝日新聞配達員が高知新聞盗む
posted by 爲藏 at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。