2010年06月29日

生活保護を悪用「貧困ビジネス」


 大阪市は29日、生活保護受給者を対象にした医療扶助をめぐり、受給者の受診が多く「貧困ビジネス」の温床となっている可能性のある大阪府内の医療機関を立ち入り調査する方針を明らかにした。市はすでに医療扶助や診療報酬を過度に請求している可能性がある府内の医療機関に対する調査に乗り出しており、実態解明を本格化させる。

 市はこれまでに、医療扶助分の診療報酬明細書の審査を行う社会保険診療報酬支払基金に昨年11月から今年1月までの間、受給者のレセプト件数や1人あたりの診療報酬請求額が多い医療機関名の提供を要請。この結果、入院または通院患者すべてが生活保護受給者である医療機関が34カ所に上ることが分かった。

 生活保護受給者の医療費を全額公費で負担する医療扶助は、保護費全体のほぼ半額を占め、大阪市では平成20年度に1129億円を支出している。

 市は29日、庁内で開催した生活保護行政特別調査隊の会合で立ち入り調査対象について協議した。

 一方、市は会合で、生活保護受給を機に安定した住居に入る受給者に支払われる被服費の布団代について、9月から現物給付とする方針を表明。同様の取り組みは政令市では広島、福岡両市で行われている。

 大阪市では布団代の上限額は1万7800円。21年度の支給は9704件、総額1億6880万円で、1件当たり1万7395円と上限額に近く、貧困ビジネス業者が関係しているケースもあるとみられる。上限額約21万円が支給される葬祭費などについても現物給付を検討する方針。

平成22年6月29日(火)午後3時27分

受給者の診療報酬、過度に請求か 「貧困ビジネス」立ち入り調査へ
posted by 爲藏 at 15:27| Comment(0) | 犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

参院議員会館は税金の無駄遣い


 新参院議員会館が28日までに完成し、7月1日の使用開始を前に報道陣に公開された。地上12階、地下3階、延べ床面積は9万6000平方メートルで従来の約3倍に増える。

 議員室は応接室や秘書室、会議スペースを備え、面積は従来の40平方メートルから100平方メートルへ拡大。議員が知られずに室外へ出られる「隠し扉」も用意した。地階は民間のコンビニエンスストアなどが出店し、地下鉄永田町駅への連絡通路も整備する。

 衆院も新議員会館2棟を整備中で、7月17日から引っ越しが始まる。総事業費は衆参合計で約1700億円。「税金の無駄遣い」との批判も出ている。

平成22年6月28日午後6時37分

新参院議員会館が完成、広さ3倍に批判も
posted by 爲藏 at 18:37| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

事実でない報道多い日本雑誌協会


 宮内庁東宮職は25日、皇太子ご一家に関する「事実でない報道」が最近週刊誌で相次いでいるとして、「日本雑誌協会」(東京)に対し、客観的事実に基づいた記事を掲載することなどを書面で要請したと発表した。

 東宮職では、皇太子ご夫妻の長女、敬宮愛子さまのご登校問題に関連した記事の内容が正しくないなどとして、5月下旬以降に3つの週刊誌に抗議していた。

平成22年6月25日午後6時23分

「事実でない報道」多い 宮内庁が日本雑誌協会に是正要請
posted by 爲藏 at 18:23| Comment(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

日産の社長報酬八億九千万円


 日産自動車は23日、カルロスゴーン社長ら役員6人の報酬を開示した。平成21年度の役員報酬は、ゴーン社長が8億9000万円だった。

 ソニーのハワードストリンガー会長兼社長(4億1000万円、自社株購入権は含まない額)を大きく上回り、これまでに開示された国内企業の役員報酬では最高額とみられる。

 横浜市で同日開かれた株主総会で明らかにした。ゴーン社長は「会社業績、役員個人の実績、他のグローバル企業の役員報酬の3項目を基準に、金額を算定した」と説明している。

 役員報酬の総額は16億9000万円で、報酬が開示対象となる1億円を上回った取締役は計6人。ゴーン社長以外では、志賀俊之最高執行責任者が1億3400万円、カルロスタバレス副社長が1億9800万円だった。

平成22年6月23日(水)午後3時24分

日産ゴーン社長の報酬8億9千万円 国内最高
posted by 爲藏 at 15:24| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

「ヤード」全国一斉調査 盗難車密輸の温床


 自動車解体や産業廃棄物処理を行う作業場が、盗難車の密輸などの拠点になる事件が相次いでいることから、全国の警察は22日、自治体と連携して古物営業法や入管難民法に基づき、一斉の立ち入り調査を始めた。

 全国約440か所が対象になる。また、警視庁、神奈川、大阪、新潟県警など11都府県の警察は、盗品売買の疑いのある作業場十数か所について、同日中に捜索する。

 警察庁によると、作業場は外国人が実質的に経営しているケースが多く、通称「ヤード」と呼ばれる。鉄板やコンテナに囲まれ、中が見えない造りになっている。同庁では「様々の犯罪の温床になっている恐れがある」としている。

 同庁でまとめたところ、新潟県新発田市で平成19年、県警がロシア人が出入りしていたヤードで手投げ弾や実弾を押収。愛知県警が昨年8月に摘発したブラジル人窃盗団は、神戸市西区のヤードで盗難車を解体して不正輸出していたことが明らかになった。今回、捜索されるヤードは、盗まれた自動車などが持ち込まれた疑いが持たれているという。

平成22年6月22日(火)午後4時52分

「ヤード」全国一斉調査…盗難車密輸の温床
posted by 爲藏 at 16:52| Comment(0) | 犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

バス会社を恐喝、アレフ信者を逮捕


 警視庁は21日、オウム真理教主流派の団体アレフの出家信者の男(43)を恐喝容疑で逮捕し、東京都足立区の教団施設など3か所を捜索した。

 発表によると、男は今年1月、都内のバス会社に電話をかけ、「バスに乗れず、大事な商談に遅れた」などとして、約3000円を脅し取った疑い。男は容疑を認めているという。

 同庁にはこのほかにも同様の被害が寄せられており、関連を調べている。

平成22年6月21日(月)午後2時20分

バス会社を恐喝容疑、アレフ出家信者逮捕
posted by 爲藏 at 14:20| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

科学予算を大幅に削減した民主党がはやぶさを絶賛


 「世界に冠たる快挙」なのに予算は減額?

 宇宙航空研究開発機構の小惑星探査機「はやぶさ」の帰還に、菅内閣からは14日、冒頭の仙谷官房長官の発言をはじめ絶賛が相次いだが、科学技術予算を削り込んできた民主党政権の現金さにあきれる声も出ている。

 菅首相は同機構の川口淳一郎教授に電話し、「日本の技術水準の高さを世界に強くアピールした」と称賛。宇宙開発担当の前原国土交通相も「宇宙開発史に画期的な1ページを加えた」との談話を発表した。

 しかし、後継機の開発費は、麻生政権の平成22年度予算概算要求時の17億円が、鳩山政権の概算要求やり直しで5000万円に、さらに「事業仕分け」を経て3000万円まで削られた。

平成22年6月14日(月)20時12分

科学予算削減の民主、はやぶさ絶賛は「現金過ぎ」
posted by 爲藏 at 20:12| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全国の郵便局長が国民新党に八億円の資金を提供


 郵政改革法案の可決を目指す国民新党側に、全国の郵便局長らが過去3年間で総額8億1973万円を資金提供していたことが13日、産経新聞の調べで分かった。「全国郵便局長会」(旧「全国特定郵便局長会」)の会員やOB、家族らでつくる政治団体「郵政政策研究会」がパーティー券購入や寄付を行い、郵便局長らは国民新党の職域支部「国民新党憲友会」にも納金していた。国会議員9人の小政党に特定の団体側から8億円もの資金が流れていた事実に、識者からは「露骨な利益誘導」とする批判の声も出ている。

 国民新党は郵政解散直後の平成17年8月に設立。18〜20年の政治資金収支報告書によると、郵政研はこの間、全国の郵便局長らから個人献金計約7億5738万円を受領。党の衆参両院議員の現職や元職、候補者ら計12人の政治団体にパーティー券購入や寄付で、計2億5500万円を支出した。

 国民新党への寄付と、国民新党側が年1回開催する政治資金パーティー「国民新党総決起大会」でも、郵政研は計2350万円を支出しており、国民新党側への支出は3年間で総額2億7850万円に上る。

 国民新党側は、全国に12ある郵政研の地方組織「郵政研地方本部」からも3年間で計5750万円を受領した。

 また国民新党の職域支部「国民新党憲友会」は、郵便局長やOB、家族ら約21万3900人が党員登録し、3年間に党費として約6億1559万円、個人献金として9992万円を集めていた。このうち2億3178万円は郵政研側に環流。憲友会の代表は、日本郵政を監督する総務省の長谷川憲正政務官が務める。

独協大法科大学院の右崎正博教授(憲法学)の話

「特定の勢力から巨額の資金提供を受け、その勢力の望む政策を実行するのは、露骨な利益誘導といわざるを得ない。小政党の国民新党は、大政党と比べて資金量も大きく劣ることから、郵便局長会側の資金への依存度は相対的に高く、より露骨だ。郵便局長が中心となった職域団体の代表が総務政務官というのも、公平性に疑問がある」

平成22年6月14日(月)8時00分

全国郵便局長側 国民新に8億円 「露骨な利益誘導」指摘も
posted by 爲藏 at 08:00| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

鳩山内閣 官房機密費、退陣直前に急増


 菅内閣は11日、鳩山内閣時代の今年4、5月に計3億円の内閣官房報償費(官房機密費)を国庫から引き出したとする答弁書を閣議決定した。政権交代した昨年9月から今年2月までは毎月6千万円だったが、鳩山由紀夫前首相が退陣する直前の2カ月間で急増したことになる。

 答弁書によると、機密費を担当する平野博文前官房長官は4月2日、同28日、5月25日に各1億円ずつを引き出していた。支出が増えた理由について、平野氏の後任の仙谷由人官房長官は11日の記者会見で「聞いていないので分からない」と述べた。平野氏から引き継いだ機密費の残額についても「答えないことになっている」と言及を避けた。

 鳩山氏は在任当時、4月から1年かけて機密費の使途の妥当性を検証する方針を示した。だが、平野氏は退任にあたって使い道の記録を後継内閣に引き継がない考えを表明しており、検証できない状態になっている。

平成22年6月11日19時34分

官房機密費、退陣直前は2.5倍に 用途は明かさず
posted by 爲藏 at 19:34| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「人生を狂はされたパチンコ店が許せない」と客を刺し殺す


 大阪市旭区のパチンコ店で5月、男性客が首を刺され死亡した事件で、殺人容疑で逮捕された無職小西英雄容疑者(35)が大阪府警旭署の調べに対し、犯行当日に別のパチンコ店で負けた怒りから犯行に及んだとし、「パチンコで負けることが多く、人生を狂わされたパチンコに復讐してやろうと思った」と供述していることがわかった。

 「大きな目立つことをしたかった。死刑になりたかった」とも話しているという。

 供述内容に不可解な点があるとして、大阪地検は11日、小西容疑者の鑑定留置を請求、大阪地裁に認められた。期間は9月13日まで約3か月間。

 同署によると、小西容疑者は犯行当日の5月25日午後、現場とは別のパチンコ店で負け、所持金が数百円しかなかった。供述では、店から帰宅後、「パチンコ店が許せない」との思いが強くなり、凶器のナイフを持って自宅から一番近い現場の店に直行したという。

平成22年6月11日(金)19:24

「人生狂わされたパチンコ許せない」男性刺殺の男
posted by 爲藏 at 19:24| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。